スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Monkey Banana Turbo 4 雑感。

前回の更新から色々ありまして、久々に更新デス。
PJを使ったHTを卒業し、2chオーディオとDAW?DTMに戻っていマス。
購入時に商品を店舗に行っても置いてなく、ネット検索では情報が少ない
物が欲しい傾向にあるので、そこら辺を簡単なレビューをしていきマス。


Monkey Banana Turbo 4
http://www.onzu.co.jp/product_monkey_01.html


久々に宅録システムを構築するって事で、
モニタースピーカーを物色・・・

4インチウーハーあたりを検討。
候補として、
GENELEC 8020CPM
Focal CMS40
KRK VXT4
YAMAHA HS5
をネットで検索していて
Monkey Banana Turbo 4なるものを発見って事で早速購入デス。
(地元周辺楽器店を廻るもFocalとMonkey Bananaは視聴できず・・・

Turbo4 Front

このMonkey Banana Turboシリーズ
ほぼネットでレビュー等が少ない、少なすぎる!
なら駄目元で購入したので、少しレビューをしマス。
(レビューといっても個人的な感想なので参考程度で願いマス。

ルックスは結構かっこいいデス!
電源を入れるとエンブレムが光るのがグッド!
Turbo4 Emblem
サイズは、六角形な分少し大きいかと・・・。
奥行きも若干ある感じ・・・。
入力はデジタルも可能だが、長尺ケーブルが無いので未確認。
Turbo4 Back

で、
到着後仮設置し視聴したら
ん?って事でバランスがあんまり良くない。
(とりあえずエージングを4〜50時間ほど!
再度、ん?ツイーターからホワイトノイズ的な音が・・・
(FFTで適当に測定。ツイーターから約10cm程度はなして測定すると
 約3k周辺から上18kあたりで約15dB SPL ms値が増える・・・
まぁ、視聴位置60cmから80cmあたりで音を鳴らしていると消えるので
今回はそのまま使用する事に!
(無音になると気になる程度だが・・・

肝心の音色やバランスや解像度は、
バランスとして、若干腰が低い所で鳴ります。
ヘッドフォンで言うと、SONY MDR-7506より腰が低くAKG K271MkIIと
似た感じデス。なのでAKG K271MkIIを使用している方は近いバランスで
モニターできると思いマス。
音の奥行きは、スピーカーのユニットの前から音が鳴っている感じで、
ユニットより後ろで音の奥行きがつくられる感じは無い。エフェクトの表現も
優秀でリバーブの量や奥行きが掴みやすいと実感出来る。
解像度は、普通な感じデス。
ただ、4インチなので低域に関しては勘弁して下さいここが限界デス。
60Hzあたりまでは出ているが、80Hzから下の芯が消えている感じデス。

総合的には、
ツイーターのノイズが気になる点と価格が気になりマスが、
聴きやすい音でエフェクト感もわかりやすく、ありと思う所デス。





テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。