スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

audio-technica AT2050 。

audio-technica AT2050デス。

購入した訳ではありません。
デモ機をお借りしました。

at2050-01s.jpg

at2050-02s.jpg

テクニカのマイクは好きで、
AT4040、AT3035、ATM33Rを所有していマス。
今回は発売前から気になっていたAT2050デス。
このマイクは指向性を3タイプ切替できる!
4万円以下のマイクでは珍しい!


いつもお世話になっている地元の楽器店で
テクニカのAT2050のデモ機を借りていただけることになり
後日、試しに録音をしてレビューしてみたいと思いマス。

この楽器店は岐阜県の大垣市にありマス。
詳しくは続きを観てくだサイ。

続きを読む »

スポンサーサイト

最近気になるBDプレーヤー

最近気になるのは

bdp-lx71-01s.jpg

PIONEER BDP-LX71デス。
理由は、
BDP-LX91は予算外。
でBDP-LX71は中級機でいて購入しやすい価格帯。
ボタンがボタンでないところがお気に入り。
めちゃ重量がある訳でないが、そこそこの重量。
残念なのはLAN端子によるアップデートが出来ない点。

って思っていたら今度は

bdp-lx52-02s.jpg

PIONEER BDP-LX52の登場デス。

価格帯は入門機から中級機の間の設定でしょうか?
デザインもBDP-LX91とBDP-LX71のラインを受け継いでいマス。
嬉しいのはLAN経由でアップデート可能な点。
残念なのはボタンがボタンになってしまった点。
重量が軽い。

ですがBDP-LX52は合格点!


BDプレーヤーならPS3があるが
不満な所が…
 ファンが五月蝿い。(プロジェクターの方が五月蝿いって!
 ロスレス・ロッシーがL-PCMに変換されてしまう。
 リモコンが赤外線で無い。(マクロ機能のリモコンが使えない!
 デザインが残念。(ゲーム機としてのデザインは良い!
良い所は
 起動がめちゃ早い!
 LAN経由でアップデートが可能!
 アプコンの性能が良い!
と短所長所とあるが
AV機器としての所有感があまり無いので専用プレーヤーが最近気になっている。
(ロスレス・ロッシーをアンプでデコードしたいのも大きい!

この時期にハイエンドやミドルレンジを購入しても不満が出てくると思う…
例えば、
 起動速度や読み込み速度
 BDの規格が上がりプレーヤーとのバランス
 SACD対応
 DLNA対応
 LANや無線LAN搭載
などのユニバーサルで納得のいく仕様のものが現状無い!
なので入門機~中級機で探すと
PIONEER BDP-LX52
Panasonic DMP-BD80
SONY BDP-S560
の機種が該当するが国内はパイオニアだけだ。
デザインもよしなのでBDP-LX52がやはり気になる!

bdp-lx52-01s.jpg
実際はこんな感じで見れるのか?

これと同時にB&W ASW608かASW610も購入したい!

SONY MDR-7506

またまたご無沙汰ぎみ…

今回は、
いつも使用しているヘッドフォン(SONY MDR-7506
のイヤーパッドが破けてしまって、
部品だけ注文して交換デス。

mdr7506-02s.jpg

破けるまでは全然大丈夫だったのだけど
破けたら一気に写真の通りデス。(かなりテンション下り↓

イヤーパッドの部品を取り寄せてもらい、
 ソニーのページでは1個840円って記載してあったが
 交遊したら1050円でした。値上がりしたのかな?

で、早速交換デス。

mdr7506-01s.jpg

やはり新しいパッドは少し固いデス。
なんだか新品を買った感じデス。

このヘッドフォンも付き合いが長いので
そろそろほかの部分も壊れそうなので、
予備を購入予定。
(他のを視聴してもこのMDR-7506になりそうだが…




最近、Blu-rayを観ているが、blogに更新しきれてない!
パイオニアのBlu-rayプレーヤーも気になる…
SSLのラインミキサーも気になる…

プロジェクターのススメ。

先日、会社の同僚が(私より大分若いが…
テレビを買いたいけど、液晶かプラズマかで相談を受けました。
で、何を見るの?って聞いてみると
レンタルで洋画が多いデス!

って事で、
プロジェクターのススメをしたところ
私の家にプロジェクターを見に来て
プロジェクター最高っス!って事で

テレビ購入予算で
プロジェクターシアターを構築してきました。

前置きが長くなりましたが
予算は20万位。
で買った機器は、

プロジェクター 三菱電機 LVP-HC1100
AVアンプ YAMAHA AX-V465
DVDプレーヤー PIONEER DV-410V
フロントスピーカー ONKYO D-308M 2本
センタースピーカー ONKYO D-308C
サラウンドスピーカー ONKYO D-308M 2本
サブウーハー ONKYO SL-A250

が主な機器デス。
スクリーンは60インチの紙製デス。
(写真を撮り忘れました。

設置・接続が終わり
簡単な設定(AVアンプやプロジェクター
を終えて音だしデス。

かなり彼は満足したようデス!

次は映像を出し設定。

これもかなり満足したようデス!

かなり安価なシステムですが、
音も悪く無いデス。
使い勝手は値段なりですが、
ヤマハのアンプやります!
これが4万を切る価格って最近は…

って事でプロジェクター仲間がまた増えました。
やっぱり映画はプロジェクターで見るのがオススメデス。

最近ハマっていたのは、

Mix Downデス。

kode-mix-s.jpg

この写真は、作業中の状態。
Control SurfaceのLogic Controlでラフミックスからデス。
Logic 8になってから(新しいインターフェイスになってからかな?
ちゃんと触っていなかったので使い難い…後半は大分慣れました。

このミックスをやっていてLogic Controlのフェーダーは
手放せないのですが、
Logic以外のPluginをコントロールすると使い難いのに
気が付いてしまった。
例えば、
Waves Renaissance Compressorでレシオをロジコンのノブで
変更したい場合、(1.0:1を6.0:1に
で、ロジコンのディスプレイでの表示が100を300にって
全然違う表示でやり難い…デス。

って事で最近はEuphonix MC Controlが欲しい!
これって表示とかは普通に表示してくれそう!

そろそろ1ヶ月…

生きてマス。

なかなか更新出来なかった3月デス。
明日あたりから更新を再開デス。

その間にblu-rayがたまって消化しきれてない…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。