スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

api lunchbox 導入…

api_lunchbox.jpg

去年から欲しいと思っていたapi…
PROSOUNDでのレビューが…

表題の通り、api lunchboxを導入デス。
(api ブルーがクール!

導入にあたり、周辺関連を色々購入。
色々なブログで勉強させて頂きまシタ。

電源は115vで動作させる為、昇圧トランスを購入!
(サウンドハウスで安い物を!

今回は音の入り口の色をかえたい為、01V96iのマイクプリは
通さない予定で、01V96i用のADコンバータをオクで!
(MY8-AD96の音質はどうなんでしょう?

同じく、apiから01V96iのADへ接続する為に、mogamiのDB25を!
と、周辺関連だけで33kほど出費デス。
(で周辺関連は完了。

スポンサーサイト

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

YAMAHA 01V96iとLogic Pro X その後。

色々と試して、約1ヶ月。
原因がわかり、一安心。

完全に見落としていた…
以前は、メニューから見える位置にあったFS設定。
現在は、プロジェクト設定内のオーディオに…

logic_96k_1.jpg

logic_96k_2.jpg


よくサンプルレートが違うのに、ノイズが無い状態で
タイミングだけズレるとは…
てっきりLogic Pro Xになってから、設定がオートに
なっていると勘違いをしていた。

とりあえず、前回の内容で、
YAMAHA 01V96iとLogic Pro Xの導入は考えた方が
いいのは撤回デス。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

YAMAHA 01V96iとLogic Pro X。

01v96i_01_s.jpg

オーディオインターフェイスとして、YAMAHA 01V96iを去年導入。
DAWをLogic Pro XをMacBook Pro Retina 15インチを使用。
上記組合せにて、01V96iにてFSを96kHzにて設定すると、
Logic Pro Xにて頻繁にレイテンシーのタイミングが
問題ない場合と、二分音符ほどズレる事がある。使い物にならない…

ただ、FS 88.2kHz/44.1kHzは問題が出ない。

2014年1月21日に、01V96iのFirmwave V1.02を試したが
変化無し…

こまったものデス。
(趣味程度なので良いが…仕事では使えない。

現在の状態は、
YAMAHA 01V96i / Firmware V1.02
Logic Pro X / 10.0.6
Mac OS X / 10.9.1


01V96iを購入しておいて最近思うのは、
フェーダーの色が味気ない…(なんか業務用的。

未だに、96kHzは出来ないので
上記組合せで、導入予定の方は要注意デス。

テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

FOCAL Professional CMS40 雑感。

やはり、Monkey Banana Turbo 4のノイズが気になるこの頃…
勢いにまかせ、FOCAL Professional CMS40を購入デス。

全景

日本正規代理店 タイムロード
http://www.timelord.co.jp/brand/products/focal-professional/cms-series/cms40/

本国 FOCAL Professional
http://www.focalprofessional.com/en/cms/229-cms-40-3544057801304.html


このCMS40、こちらも4インチ・ウーファーデス。
Monkey Banana Turbo 4より若干小柄だが、重い。
とにかく、付属品が多い。
箱から取り出すと、保護グリルがウーファーとツィーターに装着されている
使用時は保護グリルを外すとの事。で、フェイズプラグをツィーターに装着
するのだが、装着感が悪い…上側か下側のどちらかがフリー状態となる…
(まぁ良しとする。
好感が持てるのは、前面にパワースイッチとボリュームがあり、操作がし易
いと前面にバフレフがあるのも、好感が持てる。

ツイーター


ウーハー

CMS40自体はネットで検索すると、ある程度ヒットしてくる。
内容は、派手気味とか、バランスが良いと書いてある。

では、実際に設置して雑感を!
まずは、電源投入後の無音状態でのノイズはかなり低い。(好感がもてる。

・エージング前では、(開封直後
派手さは若干あるが、Monkey Banana Turbo 4の方が派手さがある。
解像度は、エフェクト感が見えにくい。
低域は、残念だがMonkey Banana Turbo 4の方が出ている感がある。

・エージング後では、(30時間ほど経過
派手さはエージング後でも、変わらない。
(そこまで派手ではないと感じる。
解像度は、エフェクト感がしっかり確認出来る。
が、Monkey Banana Turbo 4の方がエフェクト感は見え易い。
低域は、Monkey Banana Turbo 4ほどの量感ほど出てないが、ちゃんと
芯がある低域として聞こえる。
(出ている帯域はMonkey Banana Turbo 4と変わりないと思う。
低域に関して、スピーカーから離れて行くとスペック以上の低域が鳴って
いる事に気がつく。ポンと置いただけでも、そこそこ鳴ってくれる。

前回のMonkey Banana Turbo 4同様に、
バランスとして、若干腰が低い所で鳴ります。
ヘッドフォンで言うと、SONY MDR-7506より腰が低くAKG K271MkIIと
似た感じデス。なので、AKG K271MkIIを使用している方は近いバランス
でモニターできると思いマス。

と同じコメント!

ただ、
空間の奥行きは、スピーカー前面で造られるのではなく、
ややスピーカーの奥で、奥行きが造られる感じがしマス。

派手さは少ないが、バランスが良く、
当面のメインモニターとなりそうデス。



追記、
Monkey Banana Turbo 4のノイズ問題…
FOCALとの比較でやはり気になる為、輸入元に販売店を通してチェックし
ますとの事で発送したが、案の定、仕様の範囲との事で帰ってきた!

まぁ、
視聴せず購入した自身の責任はあるが、このノイズレベルはPAスピーカー
の場合の仕様の範囲と判断出来るが、リスニングや制作現場からすれば、
範囲外だと思う。

思っていたより、出音が良いだけに、残念なスピーカーデス…




テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

Monkey Banana Turbo 4 雑感。

前回の更新から色々ありまして、久々に更新デス。
PJを使ったHTを卒業し、2chオーディオとDAW?DTMに戻っていマス。
購入時に商品を店舗に行っても置いてなく、ネット検索では情報が少ない
物が欲しい傾向にあるので、そこら辺を簡単なレビューをしていきマス。


Monkey Banana Turbo 4
http://www.onzu.co.jp/product_monkey_01.html


久々に宅録システムを構築するって事で、
モニタースピーカーを物色・・・

4インチウーハーあたりを検討。
候補として、
GENELEC 8020CPM
Focal CMS40
KRK VXT4
YAMAHA HS5
をネットで検索していて
Monkey Banana Turbo 4なるものを発見って事で早速購入デス。
(地元周辺楽器店を廻るもFocalとMonkey Bananaは視聴できず・・・

Turbo4 Front

このMonkey Banana Turboシリーズ
ほぼネットでレビュー等が少ない、少なすぎる!
なら駄目元で購入したので、少しレビューをしマス。
(レビューといっても個人的な感想なので参考程度で願いマス。

ルックスは結構かっこいいデス!
電源を入れるとエンブレムが光るのがグッド!
Turbo4 Emblem
サイズは、六角形な分少し大きいかと・・・。
奥行きも若干ある感じ・・・。
入力はデジタルも可能だが、長尺ケーブルが無いので未確認。
Turbo4 Back

で、
到着後仮設置し視聴したら
ん?って事でバランスがあんまり良くない。
(とりあえずエージングを4〜50時間ほど!
再度、ん?ツイーターからホワイトノイズ的な音が・・・
(FFTで適当に測定。ツイーターから約10cm程度はなして測定すると
 約3k周辺から上18kあたりで約15dB SPL ms値が増える・・・
まぁ、視聴位置60cmから80cmあたりで音を鳴らしていると消えるので
今回はそのまま使用する事に!
(無音になると気になる程度だが・・・

肝心の音色やバランスや解像度は、
バランスとして、若干腰が低い所で鳴ります。
ヘッドフォンで言うと、SONY MDR-7506より腰が低くAKG K271MkIIと
似た感じデス。なのでAKG K271MkIIを使用している方は近いバランスで
モニターできると思いマス。
音の奥行きは、スピーカーのユニットの前から音が鳴っている感じで、
ユニットより後ろで音の奥行きがつくられる感じは無い。エフェクトの表現も
優秀でリバーブの量や奥行きが掴みやすいと実感出来る。
解像度は、普通な感じデス。
ただ、4インチなので低域に関しては勘弁して下さいここが限界デス。
60Hzあたりまでは出ているが、80Hzから下の芯が消えている感じデス。

総合的には、
ツイーターのノイズが気になる点と価格が気になりマスが、
聴きやすい音でエフェクト感もわかりやすく、ありと思う所デス。





テーマ : DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル : 音楽

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。